ヘモグロビンa1cで健康生活|楽々サプリでヘルスケア

笑顔の女性

血糖値の高さと検査値

空

体調による可能性

血液検査によって血糖値が高いという判定になってしまい、生活指導を受けるようになってしまうことがあるでしょう。そのときに、糖尿病になってしまったとはすぐには思わない方が良いのも事実として覚えておく必要があります。たまたまそのときの体調が悪かっただけで、血糖値が高くなっただけかもしれないからです。そのときによく見ると良い項目がヘモグロビンa1cです。これも基準値よりも高い値になってしまっている場合には糖尿病を疑ったほうが良いでしょう。もしヘモグロビンa1cが基準値に収まっているなら、本当にその血液検査をした日の体調が影響で血糖値が高くなった可能性があります。もう一度、血液検査を受けてから判断した方が良いでしょう。

検査値の特徴

血糖値はその日や前日の体調によって大きな影響を受けるのが特徴です。たまたま前日に食べ過ぎをしてしまっていたり、お腹に残りやすいものを食べたりしたことによって血糖値が高くなってしまうということもあります。そういうときにヘモグロビンa1cを見ると、別の視点から血糖値を評価することができます。ヘモグロビンa1cは糖化されたヘモグロビンであり、過去一ヶ月か二ヶ月程度の血糖値の高さ反映しています。そのため、これが正常値であれば、一ヶ月や二ヶ月の間は血糖値がそれほど高いことはなかったとわかるのです。そのため、これが高値を示していないならその日の体調による影響と考えるのが妥当であり、念のためもう一度血液検査を受けると良いのです。

Copyright© 2016 ヘモグロビンa1cで健康生活|楽々サプリでヘルスケア All Rights Reserved.